ゲームオーシャン

ゲームの海を渡っていこう。死ぬまでゲームすると決めたゲーム好きが、プレイ日記やレビューを体裁なんか気にしないで好き放題に綴る、ちょっとあやしいブログ。

【ソウルキャリバー6】ナイトメアで初心者帯を駆け抜けるには(初心者向け解説・対策)

f:id:yunfao:20181022013151j:plain

ナイトメアのあまりのカッコ良さと邪剣の妖気に魂を惹かれた、ソウルキャリバー初心者や新規参戦者向けの記事です。オンラインで惨殺されてしまう人は必読!

軽くググってみると、ナイトメアの基本的な技の使い方を紹介してる記事が沢山出てくるが、いざ実戦になるとどの技を撃てばいいのか分からない!って人もいるはず。

そこで、この記事ではこんな状況の時はどんな行動をしたらいいのか、っていう視点から紹介してみる。

 

ここに書いてある事を機械的に実行してるだけで、少なくともランクF5までは疾走できましたって話。

 

 

 

ナイトメアに憧れて持ちキャラにしようと思ったはいいが、どんな感じで動かせばいいか全く分からないって人のための、取っ掛かりの手助けになればいいと思います。

また、逆にナイトメアを相手にすると惨殺されて困ってるって人もどうぞ。

強力なキャラ・相手にしてて苦手なキャラの事を知るには、自分で使ってみるのが一番手っ取り早い。

注意:バージョン1.01時点での解説

 

まずはトレモの戦術指南を読む

f:id:yunfao:20181022013245j:plain

ソウルキャリバー6ではトレーニングモードなどのメニュー等に「戦術指南」なるものが置かれている。

キャラクターの性能解説から始まり、基本戦術、応用戦術まで、意外と細かく解説されているので必ず読むべし。熟読しても15分もあれば十分読める長さ。

「~~~が最も使いやすく強力だ」みたいな感じで、これ以上無いくらいストレートで分かりやすく書いてくれてあって助かるねw

他のゲームもこれを見習ってほしい。

 

 

 

オススメの戦い方を紹介

それでは実際に俺のナイトメアが多用する技と基本的な戦い方を紹介します。

少なくともGランクに居るうちはこれで十分だった。

技コマンドはテンキーの配列(電卓と同じだよ)のように、1~9を8方向の矢印の代用にします。

例えば、236Bって書かれてたら波動拳コマンドで縦斬りボタン。

 

遠距離戦ではこの技を出す

ナイトメアの得意距離。この距離で出す技は3種類に絞る。

6B・B(ダブルアヴェンジャー)

f:id:yunfao:20181022015139j:plain

使いやすい。スクリューするソウルエッジでジョリジョリ。通称ドリル。

リーチがかなり長く、ガードされても殆ど反撃は受けない。むしろガードした相手のガード耐久値を大きく削る。どんどんガードさせよう。

唯一の弱点は横移動で避けられてしまうこと。多用は禁物。

 

66A(ライドスラッシャー)

f:id:yunfao:20181022022843j:plain

66じゃなくて33か99でも出せます。

リーチの長い横斬り。6B・Bを警戒して横移動する相手に対して積極的に撃っていく。

攻撃を仕掛けていく場合は、横斬り時に6を入れっぱなしにしてグリムへ移行。

グリム=グリムストライドのこと。ナイトメア固有の特殊な前ステップで、ここから技が派生する。

 

22or88B(ルークスプリッター)

f:id:yunfao:20181022023943j:plain

リーチの長い技を持ってるキャラは、遠距離でも攻撃を仕掛けてくる事がある。例えば棍とか持ってる奴は突いてきたりする。

そういう相手の場合はナイトメアも横移動で避け行動する必要もあり、そんな時にまぁまぁ使えるのがこの技。

Bを押しっぱなしにするとベースホールドという屈み続ける状態へ移行するので、コレをやっておいた方がいい。何故かというと、ガードされたり上の画像のように距離が当たらなくて攻撃が届かなかった場合、相手は好機と思ってほぼ100%突っ込んでくるが、ナイトメア側はベースホールド状態でBを押すと、発生が早くてめちゃめちゃリーチのある「デスホーン」が出せる。これで大抵は返り討ちにできる。

f:id:yunfao:20181022025015j:plain

↑デスホーン炸裂。距離によってはなかなかのダメージ。

 

 

 

中距離戦ではこの技を出す

遠距離と同様にナイトメアの得意距離。

なるべくこの距離を保ってゴリゴリいきたいところ。

 

6A・A(ブラッドシュトローム)

f:id:yunfao:20181022030156j:plain

かなり使いやすいのでこの技がメイン。リーチが長い上段横斬り*2。

食らった相手は結構吹っ飛んでいくので、すぐステージ端に追い詰めることができるし、むしろそのままリングアウトを狙える。

また、1段目の横斬りが出る前に攻撃されてしまっても、「テラーアヴェンジャー」という技で自動的に反撃を出す、ゴリ押し推奨技となっている。

しかも、テラーアヴェンジャーが発動すると邪炎を纏うテラーチャージ状態(後述)へ以降するというオマケ付き。

中距離ではバカみたいにコレを出す。

上段攻撃なので屈まれるとスカるのが弱点。あと普通にガードを決め込んでる相手もやり難い。

 

1A(シャドウスライサー)

f:id:yunfao:20181022031332j:plain

なかなかのリーチを持つ下段攻撃。

6入れっぱなしでグリムへ移行できるので、攻撃の始点としても使いやすい。

上記6A・Aがよくガードされるのであれば、この技を時々混ぜるといい。

しかし発生が遅めな上に、ナイトメアの技の中では有名だからか、少し慣れてる相手にはガードされやすいので注意。

A押しっぱなしでブレイク属性が付く。

 

B・B(チャリオットスプリッター)

f:id:yunfao:20181022030953j:plain

ただの縦斬り2連打だけど、上記6A・Aや1Aを警戒して屈んでくる相手に刺さる。

リーチも長いし威力もなかなか高い。

 

 

 

近距離戦ではこの技を出す

長距離と中距離は得意だし、なんとなく出す技も明確に分けてない感じもするけど、近距離戦に持ち込まれたら出せる技はかなり限られる。

苦手な距離なのでさっさと間を空けたいところ。

縦斬り多めの相手なら、横移動で避ける方に意識を持っていった方がいいかもしれない。

 

6K(アダマントクラッカー) 

f:id:yunfao:20181022212509j:plain

右ストレートパンチ。

当たれば相手は必ず後方ダウンするので距離を開けられる。

また、6A・Aなどと同様に先に攻撃を食らってしまっても自動的に「テラーアヴェンジャー」で反撃してチャージ状態になるので、相手の小技に遠慮しないでどんどん出していく。

 

4K・K(デスプレスステイク)

f:id:yunfao:20181022213609j:plain

右パンチのあとに右手で掴み掛かる2段攻撃。

かなり威力が高い上に、掴みヒット後はテラーチャージ状態へ移行。

6Kで攻めてると相手は屈んだり横移動で避ける事を思いつく。そこでこの技を混ぜると効果的。中段なので屈みは刈り取れるし、1段目のパンチを横移動で避けた相手はつい反撃に出てしまうが、そこを掴みで返り討ちにできる事が多い。

 

B+G(リバーサルエッジ)

f:id:yunfao:20181022215010j:plain

大人しくリバーサルエッジに持ち込む選択肢。

接近戦が苦手なナイトメアにとってはありがたい新システムだと思う。ソウルゲージも溜まるし。

Kは掴んで投げ飛ばし、テラーチャージ状態へ移行。

 

グリム中の選択肢

66Aや66B、1Aなどがヒットして首尾よくグリムストライドへ移行した後の行動。

落ち着いてコマンドを入力して相手を翻弄しよう。

 

グリム中にA(グリムファング)

f:id:yunfao:20181023003108j:plain

グリムからの右手バックナックル。

攻撃直前にガードインパクト属性を持っているので、グリムを迎撃しようと手を出してきた相手に打ち勝てる。

 

グリム中にB(グリムスプリッター)

f:id:yunfao:20181023003331j:plain

グリムからの攻撃の中で威力の高い斬り上げ。

この攻撃を出した時に6を入力しておくと再びグリムへ移行。つまりループする。

相手が体勢を取り戻してからもループさせるのはNGだが、ヒットして打ち上げた時にはもう一発イケる。

 

グリム中にK(グリムライザーキック)

f:id:yunfao:20181023004026j:plain

ガードされても隙が少なめ。

中段なのでグリム中Aのガードインパクトを怖れて屈んだ相手に当たる。

ヒットした場合は相手をスタン状態にできるので、その後何をすればいいかと言うと簡単でオススメなのは2A+Bの「ソウルスマッシャー」

f:id:yunfao:20181023004431j:plain

ソウルスマッシャーは地面に倒れた相手に剣を突き立てて、なんか爆発してテラーチャージ状態へ移行。威力も高く、文句なし。

 

しゃがみ3A+G(アップトス)

f:id:yunfao:20181023004911j:plain

下段投げ。相手の足をすくい上げてポ~ン。

グリムからの派生技ではないが、グリム終了時に3を入れっぱなしにするとそのまま屈むので、あとはA+Gでスムーズに華麗にアップトスを出せる。

下段投げといっても屈みガードされてしまうので、この攻撃は立ちガードでグリムからの攻撃をやり過ごそうとする相手に対して有効。

特に、画面端に追い詰められた相手は、下手に手を出して返り討ちに遭ってリングアウトする事を怖れる。すると立ちガードで固まりやすくなるので、アップトスが決まりやすい。決まればリングアウト確定。

 

とりあえず初心者帯では、グリムからのA、B、K、アップトスを完璧に見切ってくる人はなかなか居ないので、これらを落ち着いてコマンド入力出せるように練習し、揺さぶりをかけていくと強力です。

 

テラーチャージ状態で出すべき専用技

テラーチャージ状態(邪悪な炎を纏った状態)では、ソウルチャージ中専用の技を一度だけ出すことができる。

いくつかあるが、とりあえず3つほど覚えておけばいいと思う。

 

6B・B・B(デスロード・インペイルメント)

f:id:yunfao:20181023010422j:plain

チャージ中専用技。ドリルの強化版のような技。いつもより多く回っている。

威力もリーチも隙の少なさも抜群に高性能な技。また、ガードされても有利で、むしろガード耐久値をごっそり奪えるという。めっちゃ強い。

食らってもガードしてもダメな技だと知ってる相手なら、テラーチャージ中はこれを警戒して横移動を多めにしてくるハズ。そしたら66Aとかで刈り取る。

 

グリム中にK・K(グリムロード・アウトダフェ)

f:id:yunfao:20181023011533j:plain

チャージ中専用技。グリム中Kの強化版。

キックの後にそのまま相手を掴み、爆発してから放り投げる。

チャージ状態を継続する。

 

グリム中にA+B(セイブルディザスター)

f:id:yunfao:20181023012054j:plain

チャージ中専用技。左右ポジションが入れ替わりつつ豪快に3回斬る。

66Aヒットからグリムできた場合、これを出せばキレイに繋がる。簡単だし高威力でオススメ。

あと、凄まじくカッコイイ。

 

チャージ中専用技を最大限活かすには、もっと多くの技を覚える必要があるので、一段階敷居が高いと思う。

しかし、たとえ警戒されていたとしても、強化ドリルの圧を与えられるのは大きい。

 

 

 

相手をダウンさせた時に出す技

ダウン中の相手に畳み掛けるのは世のセオリー。

相手の受身方向を読んで適切な技を出そう。

 

1A(シャドウスライサー)

f:id:yunfao:20181023013825j:plain

中距離戦で時々出すといいと紹介したこの技は、相手のダウン時に特に出す価値がある。なぜなら、受身行動中の相手にヒットするとリーサルヒット状態になり、追撃のチャンスのため。

横方向にゴロゴロ転がる癖のある相手にはどんどん出していく。

 

1B(ダークソウルインパクト)

f:id:yunfao:20181023023310j:plain

かなりリーチの長い下段攻撃。

横にゴロゴロではなく、後ろへ転がって距離を置こうとする相手に対してブッ刺さります。

 

リバーサルエッジを多用する相手の対処

これはナイトメアに限った話ではないけど、リバーサルエッジを多用してくる相手にはきちんと横移動やブレイクアタックで対処しよう。

ナイトメアの場合はA+Bや4Aがブレイクアタック属性。

f:id:yunfao:20181023024233j:plain

とは言っても、リバーサルエッジを出したのを確認してからブレイクアタックを撃つなんてのはほぼ無理なので、時々4Aあたりを置いてみたりするのがいいかも。

ナイトメアの場合は横斬りなので使いやすい。

ちなみに運良くヒットしたら相手はスタンするので、すかさず2A+Bで邪炎をチャージ。

 

クリティカルエッジ「ダークレコンキスタ・トライアンフ」

f:id:yunfao:20181023024659j:plain

5でも使い勝手が良かったクリティカルエッジは顕在です。

ボタンを長押しすればガード不能属性が付く。元々ガードインパクト属性もあるので、避けない限り当たる。

とりあえず初心者帯であれば、適当にガー不で出せばほぼ当たるってレベル。まさに切り札。まぁこれに頼ってばかりだと上手くならないと思うので、ご利用は計画的に。

「ソウルエッジよ、解き放てッ!

絶望の刃ァァアッ!」

f:id:yunfao:20181023215222j:plain

馬とか卑怯だろ、カッコ良すぎる。

 

今回のナイトメアいい感じですね~。

毎回いい感じすぎて下方修正を食らうのがパターン化してるような気もするけど。

リーサルヒット、リバーサルエッジ、ソウルチャージといった新システムに加えて技が多様化しており、操作が楽しい。

f:id:yunfao:20181023220033j:plain

ランクFあたりから少しずつナイトメア対策が進んでる人が出てくるので、勝つにはもう一段階上のテクニックを身に付ける必要がありそう。

次のステップは、デキスターホールドやチーフホールドといった特殊構えを絡めた連携や、グリムからの選択肢を増やしていく事になると思う。

 

www.gameocean-yunfao.com

www.gameocean-yunfao.com