ゲームオーシャン

ゲームの海を渡っていこう。死ぬまでゲームすると決めたゲーム好きが、プレイ日記やレビューを体裁なんか気にしないで好き放題に綴る、ちょっとあやしいブログ。

【105】初音ミク 超歌舞伎VR【感想/評価】無料のクセによく出来ているが、接客用には向かない

f:id:yunfao:20180624232804j:plain

PSVR向けに無料で配信されたミクさん×歌舞伎の観賞用ソフト。

ニコニコ超会議で披露された超歌舞伎「花街詞合鏡」の舞台のワンシーンだとか何とか。

ニコニコ? 超歌舞伎? はて、繋がりが俺にはさっぱりワカラン・・・。

ついでに言うと、「花街詞合鏡」を何て読むのかもワカラン。「はなまち しあいきょう」?

 

 

 

俺はミクさんはそこそこ好きだ。

ついさっきもFTの二次元ドリームフィーバーのEXTREMEをプレイしてきたぜ。

(クリアできたとは言ってない)

しかし、歌舞伎ってのはまったく知らない。

歌舞伎とか聞いても、ゴエモン2に歌舞伎城って出てきたっけかな、くらいの事しか頭に浮かばない。

そんな俺が価格(無料)とミクさんに釣られて本作をプレイしてみた。

 

無料なのに力が入っている

無料だからって明らかに力を抜いた作品は好きじゃない。

興味があるコンテンツなら金を払ってでも観るからね。

だから俺が無料配信のソフトを体験する時に着眼するのはそこよ。

で、このソフトを起動して最初に出てくる画面がこちら。

f:id:yunfao:20180701230405j:plain

 

むっ!? これは・・・ なかなかイイんじゃないか?

そこそこちゃんと作られた和室。

小物もちゃんと作ってあるしテクスチャもなかなか。

結果、雰囲気やよし。

ダメなソフトはもうこの時点でダメだからな。

 

プロジェクタを観てるような演出で、中村っていう歌舞伎を仕事にしてるっぽい人が本作の解説を行う。

まぁ~正直退屈でしたな(笑

中村氏が「ミクさん」と連呼していたんだけど、これって『素』なのか言わされてるのか・・・なんつーくだらない事を考えながらぼけーっと映像を眺めること十数秒。

f:id:yunfao:20180701231136j:plain

 

もしやプロジェクタで流れる映像を延々と観させられるだけのクソソフトなんじゃ・・・って思い始めたとき、空間に花火がパパパパーン。

おお~いいね! VRはこうでないとね!

f:id:yunfao:20180701231436j:plain

 

光の表現やべえ! いい意味で。無料なのに。

雰囲気はバツグンにいい!

あと左側の女の子(だよね>)カワイイ。

f:id:yunfao:20180701232041j:plain

 

なんかストーリーがあるみたいなんだけど・・・まぁ、いいかな。

早くミクさんが見てえ。

VRの鑑賞系ソフトなんてそんなもんっしょ。

f:id:yunfao:20180701232129j:plain

 

お待ちかねのミクさん。

歌舞伎というものがどんなものなのか本当に知らないので、その点についてはどう評価すればいいのか分からんのですけれども、ミクさんは確かに可愛かった。

踊ってた。

f:id:yunfao:20180701232304j:plain

 

でもゆったりと踊ってるだけなのでちょっと退屈になってきて、上を見上げてみれば透明な板に桜の花のテクスチャを貼ってそれを十字に交差させて作った桜。

ちとショボいけど、まぁそれくらいは仕方ないか(笑

f:id:yunfao:20180701232606j:plain

 

第2幕のシーンがこちら。

こういうの歌舞伎的に何て言うのか知らないけど、和風版パレードみたいな感じ。

遠くからミクさん一行がやってきて・・・

f:id:yunfao:20180701233115j:plain

 

・・・目の前を通り過ぎて・・・

f:id:yunfao:20180701233240j:plain

 

・・・去っていく。

f:id:yunfao:20180701233310j:plain

 

このあたりで俺は気付いた。

あれ?

もしや・・・このソフトって、あんま面白くないんじゃね?

 

 

 

第3幕。

ミクさんと部屋に二人きり。ムフフ。

f:id:yunfao:20180701233813j:plain

 

このシーンに移動してからすぐに思ったことは、

光の表現やべえ!

ってことです。 ・・・あれ?さっきも同じこと書いたような・・・?(笑

専門的なことは全然分からないけど、この有りまくる臨場感を演出しているのは明と暗のしっかりとした描き分けじゃないかなーとか思った。

 

この空間、ヤバイぜ・・・。優しい灯り。

マイホームにこんな部屋ほしいかもって思わせてくれる。

f:id:yunfao:20180701234411j:plain

 

それから、この段階になって初めて本作のミクさんの尊顔を近くでよく拝見したところ、もうほんと可愛かった。

色んなミクさんを見てきたわけだが、コレが一番好きかもなぁ。

f:id:yunfao:20180701234915j:plain

 

表情もいい。惚れそうになる。

表情もちゃんと作ってあるな、手を抜いていない、いい感じだ!

f:id:yunfao:20180701235029j:plain

 

そんな感じで少しウットリしてたら突然・・・

 

ミクさん「あ の 日 見 初 め た 愛 し い お 方ー」

 

ってセリフを喋り出したので超びびったwwwギョッとしたッスww

歌舞伎の雰囲気のBGMが急にやんで、ほんとに突然。いつものミクさんの声の調子で。

これは・・・演出としてはダメだな・・・(笑

というより、それ言い出したらそもそも何故ミクさんが歌舞伎を・・・?っていうのはあるんだけど、ここで企画自体の話をしても仕方ないか(笑

 

第4幕もミクさんのゆったりとした舞を観る感じ。

f:id:yunfao:20180701235609j:plain

 

ここにきて、自分の立ち位置を変更できる事に気付く。

といっても鑑賞系によくある、定位置に瞬間移動するタイプの移動方式なわけだが。

 

本作は光の表現がとてもしっかりしているため、違う角度から観れば雰囲気が結構変わるので面白い。そして臨場感がある。

f:id:yunfao:20180701235728j:plain

 

ちなみに、ただ定位置に移動するだけでは物足りない人のために(?)、ダイビング移動が用意されている。効果は、通常よりも遠くに移動できるだけ。  ・・・・・・笑。

↓着地地点が表示されるダイビング移動w

f:id:yunfao:20180701235930j:plain

 

 

 

まとめ

とにかく、この作品は無料なのにハイクオリティ!

これに尽きるなぁ。臨場感かなりあり。タダでこれは凄いと思う。

 

ただ不満なのは、ぶっちゃけ面白くなかったってことだなぁ。

もし俺が歌舞伎に興味がある人だったら、また感想が違ってくるのかなぁ~。

鑑賞系なんだから面白いかどうかじゃないだろって?

まあそれはそうかもしれないけど、でも他の鑑賞系と違って、1回で十分かなって思ってしまう。

 

接待には向かないかな。

俺らみたいに、PSVRを買ってまで積極的にVRコンテンツに手を伸ばしていくタイプの連中はともかく、友人とか同僚とかを家に招いてVRを布教していく目的なら、他のソフトの方がいい。

最初に中村氏がもくもくと喋ってるところで退屈されかねないし(笑

中村氏の解説を乗り越えたとしても、ゆったりとしたミクさんの舞と歌舞伎っぽい音楽ではインパクトがやや薄い。テクノ系でバリバリにミクさんが踊るならともかく。

接客用なら「キッチン」とかが向いてるね。

www.gameocean-yunfao.com

 

歌舞伎ミクさんの収穫としては、無料でこれだけのコンテンツが登場したことで、

VR、まだ今後イケるんじゃないか?

と思わせてくれたことかな。

 

いまいち浸透が遅いVRだけど、こうしてちゃんとしたものを作ってくれるメーカーが存在するって思えると幾らか安心するワケだ。

 

↓クレジットにも手を抜かない。サブキャラのおチビと縦ロールもめっちゃ可愛かったし。

f:id:yunfao:20180702001837j:plain

余談

VRでクオリティの高い和風空間を鑑賞したのは多分今回が初めてで、直感的に思ったのは、VRで零シリーズやりてー!!!!ってこと。

まぁ、任天堂かソニーのどちらかが死ぬほど頑張ってくれれば、もしかしたら・・・ワンチャン・・・!? ・・・ないか・・・ってレベルで絶望的ですがw

 

↓こんな空間で女の霊が襲ってきたら絶対こわい

f:id:yunfao:20180702002151j:plain