ゲームオーシャン

ゲームの海を渡っていこう。死ぬまでゲームすると決めたゲーム好きが、プレイ日記やレビューを体裁なんか気にしないで好き放題に綴る、ちょっとあやしいブログ。

【65】アイマス ステラステージ【感想/評価】春香コミュ・ストーリー

f:id:yunfao:20180107021126j:plain

春香がステラステージを制してSランクに至ったので、ストーリーの感想を。

ウチの765プロワールドでは、春香は他の12人を引っ張っていけるだけのリーダーシップを持っているという設定なので、まずは春香をレジェンドアイドルに上げます。

春香可愛いよ、春香!

ちなみに、推しは響です。

 

 

 

最初はちんちくりんだった

いつもの事といえばいつもの事だけど、春香は最初は自分が何をやりたいのか、どんなアイドルを目指したいのかといった指針が何も決まっていないし、考えたこともない。

アイドルになりたいという子供の頃の夢は既に叶えてしまっているので、あとはアイドルらしいことが出来ればいいかなー、なんて。

なるほど。このままではプロデューサーの出る幕が無くなってしまう。

f:id:yunfao:20180106212629j:plain

 

あと、あがり症だった。

緊張しまくる春香可愛い。

f:id:yunfao:20180106212644j:plain

 

緊張のあまり表情がオカシくなってしまっている、ポーズ練習中の春香さん。

この引きつった笑顔と微妙なポーズの組み合わせが、なんとなくツボだった俺がいる。

f:id:yunfao:20180106212651j:plain

 

既にトップアイドルのレベルにありながらも、更にレッスンを欠かさないという詩花を見て焦りを感じる春香。

詩花を真似してバレエをやってみようか、などと恐ろしいこと言ってたねw

お前、それはギャグで言ってるのかw

焦る必要は無いさ。俺は春香に、自分で見つけた道を進んでほしいのよ。

f:id:yunfao:20180106212745j:plain

 

Bランク(人気アイドル)になっても答えを見つけられず。

春香が自分の人気を信じられない理由は「目標が決まらないまま走り続けてきたから、自分がどれだけ進んだのか分からない」。Pのセリフ。カッコイイ。

f:id:yunfao:20180106212824j:plain

 

 

 

アイドルを目指した切欠を唐突に思い出す

焦る必要は無いとか言ってたら、いつの間にかAランク(トップアイドル)になってしまったでござる。

しかし立ち寄った公園で昔話をしているうちに、アイドルを目指した切欠を唐突に思い出す。

f:id:yunfao:20180106212910j:plain

歌が大好きで、みんなに歌を教えていたお姉さんがいたそうな。

ほう。それは初耳な。

お姉さんの歌を聴いていると、歌が大好きなんだという気持ちが伝わってきて自分まで幸せな気持ちになってくる、と。

なるほど、ピーンときた!

つまり、歌のお姉さんに憧れて、自分も他の人に幸せな気持ちを届けたくてアイドルを目指すようになったというわけです。いかにも春香らしい!

f:id:yunfao:20180106212916j:plain

 

P「答えは見つかったみたいだな」キリ!

なんかPが微妙にカッコつけてるw

f:id:yunfao:20180106212928j:plain

だがここはあえてボケてみる。

 

P「つまり、春香が本当に目指してたのは・・・」

 

P「子供の頃の春香。そうだな?」キリ!

f:id:yunfao:20180106212936j:plain

f:id:yunfao:20180106212946j:plain

 

フイたw 春香困惑w

f:id:yunfao:20180106212956j:plain

 

詩花とのライブバトル!

自分の目標をしっかりと見据えているアイドルは強い。

詩花ですら、自分のそれをまだ見つけていない。

今の春香なら詩花にだって勝てるぜ!

f:id:yunfao:20180106213005j:plain

 

明らかに春香の方がキョドってるけどねw

f:id:yunfao:20180106213011j:plain

 

詩花のステージいいよなぁ。

でも以前イベントで観た時と違って、サビのところでいきなりバーストアピール出してくるからビクゥ!ってなったw バーストアピールのSEビビるよな・・・

f:id:yunfao:20180106213017j:plain

f:id:yunfao:20180106213022j:plain

f:id:yunfao:20180106213029j:plain

 

春香はプロだ。

詩花がバラード系の曲で来るなら、春香はアップテンポな曲で観客の皆様を退屈させないようにしよう。

edeNでいくぜ。

f:id:yunfao:20180106213037j:plain

 

私に付いて来いYO!!

f:id:yunfao:20180106213045j:plain

 

気に入ってるシーンは、ライブバトルに勝利した後の詩花との絡み。

春香の歌が大好きなんだという気持ちが詩花に伝わり、詩花を魅了する。

それは、幼き日の春香と歌のお姉さんの関係と同じ。

つまり、春香の魅力は幼い頃に憧れた歌のお姉さんの域に達したという事です。

目指してきたものになれた事が確信できた瞬間といえる。いいねえ。

f:id:yunfao:20180106213051j:plain

 

 

 

コクりますよ、プロデューサーさん!

Sランク(レジェンドアイドル)に至った春香さん。

これより上は存在しないため、次の目標というものは特に無い。

今は今しかできないことを続けるのみ。

つまり、アイドル界の頂点を守り続けること。

 

でも、いつかアイドルをやめて普通の女の子に戻る時が来たら・・・

f:id:yunfao:20180106213102j:plain

 

春香の一大決心。

プロデューサーさんに想いを伝えるシーンです。

f:id:yunfao:20180106213108j:plain

 

回答に悩むP。

春香の不安そうな表情がめっちゃくちゃ可愛い!!!

その瞳・・・。これがレジェンドアイドルの実力ってわけか・・・。

f:id:yunfao:20180106213114j:plain

ちなみに、拒否的なニュアンスを多く含む「・・・・・・。」を選ぶと、春香は空気を察して慌てて無理に笑って「冗談です!」って言う。

これヤバイから。生々しいタイミング。

春香が好きなら「・・・・・・。」は選ばない方がいい。

※この記事の下の方にある動画で観られます。

 

前作プラスタのSランク到達コミュでは、「もしかしたらプロデューサーさんが真剣な恋の相手かもって思ったこともあったけど、やっぱりプロデューサーさんはプロデューサーさん。その事が一番大切」っていう、アイドル道を突っ走る感じの内容だったけど、今作ではちょっとだけ色恋に寄せてきたという印象。

個人的には前作の方がシナリオとしては好みかな。

でもやっぱ赤くなってる春香も可愛いわー。

f:id:yunfao:20180106213140j:plain

f:id:yunfao:20180106213149j:plain

 

このスナップショットやばすぎる。

春香も勿論グッドなんですが、背景も含めた全体の色合いというか。雰囲気というか。

f:id:yunfao:20180106213154j:plain

 

100万人以上のファンを抱えるレジェンドアイドル、爆誕。

プラスタに比べてだいぶ敷居が低くなったなw

※プラスタは1000万人でSランク。実に10倍である。

f:id:yunfao:20180106213204j:plain

 

ストーリーコミュの再生リストを置いておきますね

選択肢は基本的にふざけてます。

www.youtube.com

 

ギャラリー

f:id:yunfao:20180107010141j:plain

f:id:yunfao:20180107010149j:plain

f:id:yunfao:20180107010159j:plain

f:id:yunfao:20180107010209j:plain

f:id:yunfao:20180107010217j:plain

f:id:yunfao:20180107010224j:plain

f:id:yunfao:20180107010238j:plain

f:id:yunfao:20180107010246j:plain

f:id:yunfao:20180107010253j:plain

f:id:yunfao:20180107010300j:plain

 

【PS4】アイドルマスター ステラステージ

【PS4】アイドルマスター ステラステージ