ゲームオーシャン

ゲームの海を渡っていこう。死ぬまでゲームすると決めたゲーム好きが、プレイ日記やレビューを体裁なんか気にしないで好き放題に綴る、ちょっとあやしいブログ。

【66】【アイマス ステラステージ】詩花プロデュース方法/コミュ・ストーリー感想

f:id:yunfao:20180108021424j:plain

本作はなんと新アイドルでありライバルキャラでもある、みんな大好き「詩花」をプロデュースできる模様!

おい! やるな、バンナムよ!

これしきの事で「やってやった感」を出されても困るが、おまけボリュームとはいえ詩花との絡みを用意してきた事はちゃんと評価できるね!

 

【PS4】アイドルマスター ステラステージ

【PS4】アイドルマスター ステラステージ

 

 

詩花の正体

まず最初に詩花の正体について確認しておく必要があるだろう。

いやあ判明した時は本当に驚いたw

対戦ライブで詩花が765プロに敗れた事にガーッデムしてる黒井社長のシーンで、俺たちは知ることになる。

f:id:yunfao:20180108021429j:plain

f:id:yunfao:20180108034846j:plain

マジですかw

あのオヤジから詩花のような天使が誕生したとは到底思えないのだが・・・w

っていうか、何でこんなキケンな設定を持たせたし。

 

詩花をプロデュースするには

詩花をプロデュースと言っても、それはあくまでも仮の話。

ライブのお手伝いとアドバイスをしてあげるというとこに留まり、ボリュームもオマケ程度のもんだ。

ステージはソロ限定、歌える曲も特定の4曲のみ。くっ・・・!

f:id:yunfao:20180108021442j:plain

 

ステラステージを突破してSランクに到達したあと。

961プロ開催のライブの中に「ダイヤモンドリリー」というライブが出現。

こいつを選択すれば詩花ストーリーが解放されます。

タイプは「キラメキメルヒェン」とかいう聞いたことないやつだけど、プレイするのはキラメキメルヒェンを纏った詩花なので心配しなくて良い。

f:id:yunfao:20180108021449j:plain

ちなみに、リアル嫁はSランク到達してるのにダイヤモンドリリーが出現しないと言い張っている。

もしかしたらSランク到達以外にも条件があるのかもしれない?

(追記)ソロのAランクのライブを進めてSランクライブを出したらダイヤモンドリリーが出現しました。条件よく分からないですね。

 

詩花のライブを見学するつもりだったのに、961プロの関係者と間違われてあれよあれよとステージ裏へ。

そしてあれよあれよのうちに詩花のライブに指示出しをする事に。なんというトンデモ展開w

f:id:yunfao:20180108021454j:plain

 

いやー・・・。他社のアイドルに指示出しとかしちゃヤバイんじゃないですかねえ。

961プロってこの業界でめっちゃ権力持ってそうだし。

というか、オヤジにバレたら殺される気がする。

f:id:yunfao:20180108021459j:plain

 

だがPも満更ではない様子。

f:id:yunfao:20180108021506j:plain

 

オイオイ!

曲名テロップのプロデューサー名が俺Pになってるじゃん!

こんなのオンエアしちゃったらヤベエよ! オヤジに殺されるw

f:id:yunfao:20180108021514j:plain

 

765プロの社長にバレる。

でも765の方の社長はめっちゃ良い人なので、詩花には765プロのアイドルが世話になっているからという理由で、Pが時々詩花を手伝ってあげる事を容認してくれます。

むしろ、給料がちゃんと出るなら詩花の手伝いの方に力を入れたい。

f:id:yunfao:20180108021536j:plain

 

詩花・・・可愛いよ・・・。

f:id:yunfao:20180108021546j:plain

 

システム面について

曲目

詩花が歌うことができる曲は4曲のみ。

デフォの「Blooming Star」、961ソングの「オーバーマスター」「アクセルレーション」、今作テーマソングの「ToP!!!!!!!!!!!!!」

ちっ、ケチケチするなバンナム。

収録曲全部歌えるようにしとけよ、まったく。

それができなくても、せめてジュピターの「Alice or Guilty」くらいはだな。

↓曲はストーリーをクリアしていけば勝手に増えてく

f:id:yunfao:20180108021701j:plain

f:id:yunfao:20180108021707j:plain

 

ストーリー

ファンが一定数に達するごとに「Check!」のアイコンが付いたライブが出現。

そのライブをクリアするだけでストーリーが進む。

他のアイドルのランクアップライブと同じ要領だね。

f:id:yunfao:20180108021558j:plain

 

詩花の性能

f:id:yunfao:20180108021605j:plain

かなーり強い。

しかしコーチングしないとろくにライブをクリアできない仕様です。

765プロの子たちに地獄の特訓を連月で課し、得られたCPを詩花に注ごう!

自分でやってても驚きの裏切りっぷりである。

↓ボードは詩花専用のもの。先にさっと全部解放してからストーリーに着手した方が楽。

f:id:yunfao:20180108021618j:plain

 

衣装

太っ腹の765社長が、ウチの衣装を使っていいって言ってくれた。

が、初期状態では詩花のデフォコスの方が強いし、ライブタイプにも対応している。

しかもセンスがいい。

よって、765プロの衣装の出る幕は殆ど無い。

まあ、着せれば可愛いはことには可愛いんだけど。

特にアフタースクールメモリーは詩花にバッチリ似合いすぎで鼻血出る。

f:id:yunfao:20180108021610j:plain

 

ライブ時はデフォコス推奨とはいえ、アクセは何か付けた方がいい。

とりあえずバルーンを背負わせて黒井社長を挑発しておこうかな。

f:id:yunfao:20180108021634j:plain

f:id:yunfao:20180108021639j:plain

 

エクストリームライブを目指す

自分が理想とするステラステージの形が見えてこない詩花は、まずはPと一緒にエクストリームライブの開催を目指す。・・・というのが詩花のストーリー。

「ステキな目標がもらえて嬉しいです」って。

はぁ・・・やべーよ、なんちゅう可愛さだよこの子。

f:id:yunfao:20180108021653j:plain

f:id:yunfao:20180108021715j:plain

 

まずはエクストリームライブの前哨戦、エクストリームロードに挑戦することになる。

なーんかプラスタの時に死ぬほどきいた名前のライブだな。

f:id:yunfao:20180108021723j:plain

コーチング済みであればそれほど難しいライブではないけど、強化してるアクセがあるならちゃんと装備した方がいい。

全く強化していなければ、詩花のコーチングで取得できる頭アクセの鳥がオススメ。

普通のアクセよりも若干強い。この鳥はよく訓練された鳥。

f:id:yunfao:20180108021733j:plain

 

必要なものは『仲間』

感動を分かち合える仲間が、詩花には必要だと豪語するのはPである。

う、うわー出たー。仲間至高主義! 少年ジャンプかい。

でもまぁ、詩花も賛同してるようだから仕方ない。

f:id:yunfao:20180108021745j:plain

 

P「今、話したこと、しっかりとここに刻んでおいてくれよな」

おっとタッチコミュきたぞ。

ここで胸とか触るやつはマジでクソ野郎だと思う。

俺はクソ野郎だぜ。

f:id:yunfao:20180108021758j:plain

胸を、つ、つんつん・・・。

Pよ、それはマジで犯罪ってやつ・・・。

パパにはどうか黙っといて頂きたい。

f:id:yunfao:20180108021805j:plain

 

エクストリームライブ突破

ぶっちゃけ、765プロのアイドルのステラステージの舞台よりも華やかさが圧倒的に上なんだが。

f:id:yunfao:20180108021857j:plain

f:id:yunfao:20180108021902j:plain

f:id:yunfao:20180108021949j:plain

f:id:yunfao:20180108021957j:plain

f:id:yunfao:20180108021926j:plain

 

感動の涙。

詩花が泣くシーンやべえよ・・・。

可愛すぎて死ぬ。

f:id:yunfao:20180108021823j:plain

f:id:yunfao:20180108021829j:plain

f:id:yunfao:20180108021834j:plain

f:id:yunfao:20180108021848j:plain

この人ぜったい黒井オヤジと血繋がってないっしょ。

何かの間違いだぜ・・・。

 

黒井社長と高木社長

詩花が自分一人の力でエクストリームライブを成功させたものと勘違いし、高笑いしながら黒井パパが登場w

f:id:yunfao:20180108022023j:plain

「ハハハハッ」とか「むっ!?」とか「なにぃー!?」など、中の人の演技にめちゃめちゃ熱が入ってて面白いので一見w

記事の下の方にある動画で確認できますので、ぜひ。

 

このシーンでは詩花が思い描く自分のステラステージの形をハッキリと黒井パパに伝えるのだが、パパは一度は揺らぎかけた(ように見えた?)がやっぱり全力で否定。

たった一人でステラステージをやり切れるような強さを、アイドルに求めている。

f:id:yunfao:20180108022040j:plain

というのもおそらく、むかし高木社長と一緒にプロデュースしていたものの、ステラステージ開催直前でプレッシャーに負けて失踪してしまったかいう、小鳥さんが言ってたアイドルの事があるからなんだろうね。

黒井「ダメだ・・・。ダメだダメだダメだ!

   ひとりでやりきる強さがなければ、お前もやがて・・・!」

「お前もやがて・・・」の部分の喋り方に、詩花に対する愛情を感じる。

f:id:yunfao:20180108022048j:plain

 

そこに高木社長が登場。

オッサン同士の和解のシーンになる。結構よかった。

「我々の仕事は、もう見届けるだけなのだろう」ってセリフがね。

f:id:yunfao:20180108022105j:plain

結局のところ、高木社長はアイドルたちが自分でたどり着いた答えを信じる強さを持ち、黒井社長は弱さゆえにアイドルたちを信じ切ることができなかったっていう話。

でも、過去に失踪したアイドルと同じ思いを、今のアイドルたちに絶対にさせたくないっていう気持ちは誰よりも強いって事なのかもしれないじゃんね。

やっぱ俺は黒井社長好きだな。

 

詩花が「パパといっしょに」ステラステージを目指せそう、って言うのがちょっと嬉しかった。

でもこの感じだとパパを裏切って765プロに入社する事はなさそうだな・・・。

f:id:yunfao:20180108022137j:plain

 

まとめ

すごく良かった。

詩花との秘密の仮プロデュースも良かったけど、どちらかというと、

黒井社長と高木社長がちゃんと会話して過去のわだかまりを少しでも解消できたってところが良い。あと、黒井社長と詩花の距離も近くなって良かったなぁって。

 

それにしても、詩花の可愛さは本物だね!

もう完全にプロデューサーになついちゃってるし。

f:id:yunfao:20180108022150j:plain

 

俺は仕事では765プロのアイドルのプロデュースをやるけど、

心の中では詩花の大ファンです。

f:id:yunfao:20180108022158j:plain

 

ストーリーコミュの再生リストはこちら

ちなみに、涙を流す詩花のシーンめっちゃ可愛いのに、なんでか知らないけどアルバムには含まれていないみたいなんですよね。まったく無能バンナムめ。

www.youtube.com

 

ギャラリー

f:id:yunfao:20180108171024j:plain

f:id:yunfao:20180108171033j:plain

f:id:yunfao:20180108171042j:plain

f:id:yunfao:20180108171050j:plain

f:id:yunfao:20180108171100j:plain

f:id:yunfao:20180108171107j:plain

f:id:yunfao:20180108171114j:plain

f:id:yunfao:20180108171121j:plain

f:id:yunfao:20180108171132j:plain

f:id:yunfao:20180108171137j:plain

↑心の中では詩花の応援します。

 

【PS4】アイドルマスター ステラステージ

【PS4】アイドルマスター ステラステージ