ゲームオーシャン

ゲームの海を渡っていこう。死ぬまでゲームすると決めたゲーム好きが、プレイ日記やレビューを体裁なんか気にしないで好き放題に綴る、ちょっとあやしいブログ。

【37】【祝姫 -祀-】「春宮 椿子」感想:失いかけた夢を自力で取り戻そうとする強さに惹かれる

f:id:yunfao:20171030013132j:plain

キコちゃんみたいに魂を燃やして叫ぶヒロイン好きだわ。

 

■重大なネタバレは全く、または殆どありません

■重要なネタバレは少しだけあります

■重要なネタバレを含む記事のため閲覧注意

 

祝姫に興味がある人はこちらもどうぞー。

 

前回の記事はこちら。

 

祝姫 -祀-

祝姫 -祀-

 

 

4体いた神の呪いも、ついに残り2体。

キコちゃんに乗り移ってる牝鹿は強そうだなーとか、そんな風に考えていた時期が俺にもありました。

f:id:yunfao:20171030013152j:plain

 

暴走や凶暴化するヒロイン

多少の年代の差はあれど、この2枚の絵の女の子は同一人物である。

f:id:yunfao:20171030013135j:plain f:id:yunfao:20171030013147j:plain

イイネ!

ギャップ萌えする俺的には、この変化は結構たまらない。いやホント。

暴走したりキレて豹変したり、過去に強烈な闇かを抱えていて、それが突然解放されてしまったりって、イイよね。覚醒ネタとかね。

 

暴走キコちゃん可愛いよ!

あと、ひとりで暴れ狂って男の不良グループをボコボコのズタズタにのしてやるとか、超カッコイイ。

そういう男前なシーンじゃないのは分かってるんだけど、俺って感性が捻くれてるからサ。

ここに「血祭りバキコ」の怖ろしさの片鱗を見た。

f:id:yunfao:20171030013242j:plain

 

金属バットのフルスイングの構え。

惚れ惚れする!

f:id:yunfao:20171030013358j:plain

 

素敵なお嫁さんになるという夢

幼き日のキコちゃんとお父さんの会話。

キコ父「男の子とも仲良くしなさい。

    そうしたら、きっと素敵なお嫁さんになれるぞ」

キコ 「本当っ?!

    じゃあ私、これからはもう喧嘩しないっ。

    やさしい女の子になるっ」

なんと微笑ましい・・・。

なんというか、もう、キコちゃんを見守ってるだけで幸せな気持ちになってくるようなさ、そんな感じよ!

f:id:yunfao:20171030013201j:plain

 

しかし、そんな純粋すぎるロリキコちゃんの夢をブチ壊し、血祭りバキコへと進化する切欠を作ったクズが存在するのである。

 

キモすぎるクソデブ「パパおじさん」ブフォ♪

キコちゃんを恐怖に狂わす存在、それは幼い頃に公園で仲良くなった不潔ロリコンデブ。通称「パパおじさん」

こんなのに出くわした日には、キコちゃんでなくても恐怖に凍り付いてしまう。

それにしても、よくこんなデザインができるものだ。

担当は和遥キナ? それとも、コイツは『背景』扱いでしょうか?

f:id:yunfao:20171030013220j:plain

デブ「あの頃の、僕だけのスイートエンジェルだった椿子ちゃんとは

   別人になっちゃったけど・・・

   ・・・女子高生になった椿子ちゃんも・・・、パパ、全然OKだよ・・・」

キモすぎるw 

竜騎士07先生、認めます。コイツはキモい、あなたの勝ちだ。

 

まぁ要するに、キコちゃんの夢である素敵なお嫁さんになるために、「花嫁修業」と称してこのクソデブがロリキコちゃんにガチでアウトなイタズラをしちゃうんだな、何度も何度も。

「ブフォ♪」じゃねえよw

f:id:yunfao:20171030013315j:plain

f:id:yunfao:20171030013319j:plain

どんな事してるんだ・・・。ブフォ・・・。

 

そしてついに警察沙汰になり、

自分が何をされていたのかキコちゃんは知る。いや、識る。

俺は男なんで、何も知らないキコちゃんが騙されて「素敵なお嫁さん」を性癖処理に利用されて、どれほど悔しい思いをしたか想像も付かない。

よって、嫁に訊いてみた。

すると・・・

エロい嫌な事されてるって、5歳児でも分かるよ。騙されるなんて有り得ない。

・・・との事だったw

えーw

それだとこのストーリーが破綻するw

訊かなかったことにしよう、そうしようw

封印するのだ!

 

話を戻します。

 

そして、キコちゃんは極度の男嫌いとなる。

そして、グレる。

そして、血祭りバキコになる。

f:id:yunfao:20171030013328j:plain

 

雛形先生の、「荒れくれて、武勇伝を次々と打ち立てて、『素敵なお嫁さん』から最も遠い存在になっていった」って言葉が悲しくて仕方なかったな。

しかもそれが、キコちゃんが負った悲しみを怒りで覆い尽くすためだけに、足掻いてもがくようにして生き延びた結果だというのだから堪らない・・・。

f:id:yunfao:20171030013323j:plain

ちょっと脱線するけど、

保険の先生ってやっぱイイな。ブフォ♪

f:id:yunfao:20171030013247j:plain

 

夢に向かって再び自力で歩き出せる強さに惹かれる

今回のストーリーの個人的な泣きどころはココ。

そんなヒドい目に遭ってグレて血祭りバキコになって、一度はレディースの頂点に立った彼女が、誰に諭されたわけでもなく自力でスッパリ足を洗って、高校から再び『素敵なお嫁さん』を目指して歩き出したこと。

その事を雛形先生と涼が「強い」と評した瞬間。

ちょっとウルっときたね。

プレイしてて同じように感じた人って他にいないかなぁ。

 

キコちゃんの部屋の「大切な青春のメモリーメモリー」とは、一見物騒ではあるが、実は彼女が悲しみの底から這い上がってきた、生きる力、たくましさそのものなのだ!

決して、ただのくだらない黒歴史などではない。

f:id:yunfao:20171022130747j:plain

 

今回は牝鹿の出番は無いぜ

というわけで、今回は美濃部先輩と莉里杏ちゃんのストーリーとはパターンが違っていて、ヒロインのピンチに涼が颯爽と現れてサッと解決っていう展開ではなかった。

涼が助けにやったきた事には変わりはないけど、あくまでもキコちゃんを支えただけで、根本的なトラウマをキコちゃんが自分の力で乗り切ったという話。

キコ「馬鹿に・・・しやがって・・・ぇ・・・ぇぇ・・・!!

   私は・・・、素敵な・・・、お嫁さんに・・・なるんだ・・・

   その夢、・・・お前なんかに・・・終わらされて、堪るかよ・・・!!!」

f:id:yunfao:20171030013343j:plain

f:id:yunfao:20171030013358j:plain

f:id:yunfao:20171030013351j:plain

 

では、キコちゃんに乗り移っていた牝鹿は何をしていたのかっていう。

正解は、キコちゃんにクソデブの幻影を視せることでキコちゃんの精神崩壊を狙い、体を乗っ取って涼の煤を吸い取ろうとした。

牝鹿「椿子の体を完全に乗っ取って・・・睦の・・・末裔の・・・煤・・・を・・・」

な、なんかしょぼいwww

今回は涼と呪いが戦うシーンはなく、「涼に感謝されて」そっこーでブッ飛ばされて退場です。

f:id:yunfao:20171030013403j:plain

 

まとめ

今回はヒロインを苛ませていた原因が霊障ではなく、心の傷、すなわちトラウマだったっていうところが面白かった。

騙されましたねー!

『街中の男が薄汚い肉と肉汁に見える』なんて、これまでの流れを考えたら確実に霊障の仕業だって思うもんね。まさか、トラウマだったとは。

f:id:yunfao:20171030013212j:plain

いやぁキコちゃん可愛かったな。

キャラに深みがあってよい。

いっちばん最初の印象は、ただ「男勝りな二面性がある」程度のどうでもいいキャラ付けって感じだったんだけど、全然そんな事なかったね。

キコちゃんと竜騎士07をナメてました。

ちなみに、バトル系の部活の連中に一目置かれるというオチが付くw

f:id:yunfao:20171030013413j:plain

 

「少しだけ乱暴に」ってとこが可愛すぎて俺が死んでしまう↓

f:id:yunfao:20171030013417j:plain

 

祝姫 -祀-

祝姫 -祀-

 
祝姫【通常版】

祝姫【通常版】

 
祝姫 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

祝姫 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

  • 作者: 竜騎士07,株式会社DMM.comラボ,タナカトモ,和遥キナ
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2016/01/29
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る