ゲームオーシャン

ゲームの海を渡っていこう。死ぬまでゲームすると決めたゲーム好きが、プレイ日記やレビューを体裁なんか気にしないで好き放題に綴る、ちょっとあやしいブログ。

【31】【祝姫 -祀-】「美濃部 鼎」感想:ここから反撃に転じていくアツいワクワク感がたまらなくグレート

f:id:yunfao:20171024003751j:plain

田中のおじさまがキモすぎてプレイするのが辛い。

 

■重大なネタバレは全く、または殆どありません

■重要なネタバレは少しだけあります

■重要なネタバレを含む記事のため閲覧注意

 

祝姫ってそもそもどんな感じのゲームですかって方は、どうぞこちらから。

祝姫 -祀-

祝姫 -祀-

 

 

いよいよ物語も折り返しを迎えたっぽいです。

どうやらここから先は攻略するヒロインを選べるっぽいので、まずは最も前座ポジションっぽい美濃部先輩から。

でも美濃部先輩、大好きです!

f:id:yunfao:20171024004245j:plain

 

俺この帽子屋の価値観とか雰囲気とか好きだわw

f:id:yunfao:20171024004254j:plain

 

セチュの王様兼田中のおじさまがキモすぎ

どうしようもないゲスキャラでしたな。

というか、このゲームはゲスが多すぎる!w

f:id:yunfao:20171024004334j:plain

 

美濃部先輩編では現実世界と悪夢世界が半々に融合しつつあって、その区別がしっかりと出来なくなってしまったまま進行していく。

セチュ=田中のおじさまってのも、半ばくらいでようやく気付いた。

田中のおじさまの狙いは、結局のところ美濃部親娘の弱み(というか殆ど母親の心の弱み)に付け込んで、マインドコントロールして財産を巻き上げたうえに、ついでに女子高生ともヤっちまおう!って事だった・・・でいいんだよね?

わざわざ先輩をセーラー服に着替えさせて店に連れ込むのが、あまりにもキモすぎた!

いやー気持ちは分かるけど、実際に実行してる他人を見ると反吐が出てくるねw

f:id:yunfao:20171024004400j:plain

f:id:yunfao:20171024004415j:plain

ってか、制服JKってやっぱ需要高いんだなって改めて思いました。

帽子屋が序盤で「女子高生はお姫様! ただいるだけで価値がある!」って豪語してたのを思い出す。まったく、これだからオッサンは・・・。

セーラー服最高ッ!!

+雨濡れとか! 美濃部先輩はいいポジションもらったな! 前座っぽいとか言ってごめん

f:id:yunfao:20171024004444j:plain

いやーでもホント、これ夢オチでよかった。

美濃部先輩のような立派な人が、何が何だか分からないうちにキモオヤジに処女奪われた挙句に、一生消えない気持ち悪いイモムシのタトゥーをお腹だかに刻まれたりなんて事が現実だったら・・・・・・PSVitaをブン投げるところだった。

 

先輩「・・・でも、・・・・・・行きたいんだよ、

   ムーンスートの王子の国に」

 

っていうセリフが俺の胸には一番グサっときた。

 

ところで、田中のオヤジの罰が軽すぎる。

スズムンにブッ飛ばされて、タマユンに社会的に抹消するって脅されて慌てて逃げ出すとか、そんな甘いことでいいのか日本!

せめてコイツにヤラれてしまった「家族会」とやらの人たちを保護して、コイツはムショ行きくらいにはしてほしかった。腹の虫が治まらんのだよ。

f:id:yunfao:20171024004606j:plain

 

まぁ・・・先輩が無事だったから、それだけでとりあえず良しとする?

ハァ・・・なんという天使の笑顔・・・。先輩、可愛いです。

f:id:yunfao:20171024004346j:plain

 

はじめての神との対峙

第5章でも一応、鹿神比古命の呪いと対峙するシーンはあるけど、あれとは違う。

敗北すればガチで命を落とすっていう戦いに、スズムンが初めて臨むんですよね。

もう、このシーンがめっちゃ好きですわ。

「スズムン、すっごーい。どうやって糸、切ったのー?」のゾワゾワくる雰囲気のセリフと同時に掛かり出すBGMが物凄く良くってね!

目が赤く光り出す美濃部先輩のような何かも、とうとう正体を現したー!って感じで興奮したね!

f:id:yunfao:20171024004524j:plain

f:id:yunfao:20171024004520j:plain

 

カッコよすぎるぞ、スズムン!

スズムンは確かに神の奇跡か何かを身に宿してるっぽいけど、バトルファンタジーものの主人公と違って人間離れした動きができるとか、そういう設定ではないので。

あくまでも日々の精進の中で培った精神力と武術でもって、神と対峙するっていう状況があまりにもカッコイイ。

f:id:yunfao:20171024004529j:plain

涼「・・・誰だか知らないけれど、

  それ以上、僕の尊敬する美濃部鼎先輩の姿を辱めるなら・・・

  ・・・・・・・・・・・・怒る。本気で。」

 

この台詞はヤバいね。

このゲームの序盤の頃からそうだけど、涼の気持ちが結構その時々の俺の気持ちにシンクロするので、超楽しい。

俺は涼と共に戦っている・・・!

 

ヒロインのピンチにヒーローが駆けつけるという王道な展開の良さ

圧倒的に強いヒロインが暴れるのも好きだけど、気丈に戦うヒロインの心がとうとう折れて絶体絶命の危機に陥ったとき、颯爽と現れるヒーローっていう流れ。

この王道の展開が、とてもイイんだわ。

まぁ、言葉攻めの内容はちょっと変わってるけどねw

f:id:yunfao:20171024004534j:plain

 

自分の身体の一部を生贄に捧げることで駒を生み出し、盤上で戦わせる謎のゲーム「セチュ」。

心の弱さは、駒の弱さに直結するらしい。遊X王みたいだ。

所詮、JK一人がコツコツ貯めた金を握って家出をしたところで、出来ることなんてたかが知れてる。それに・・・

セチュ「大人でさえ、1人で生きていくのはあまりに辛く、悲しい。愛がないッ」

これは確かにその通りだねー。

そんな事を指摘されて、追い詰められて、先輩の駒は次々と砕け散っていく・・・。

先輩 「負ける・・・ものか・・・、負けるものか・・・・・・」

f:id:yunfao:20171024004544j:plain

 

そこに、スズムが颯爽と登場とか最高だろ!

BGMもイイ。すっごい勝ちムードの曲。この安心感な。

f:id:yunfao:20171024004550j:plain

右腕を生贄にして生み出す、たった一つの駒。

たった一人を救う為に捧げてきた悠久の千年間の想いが、クソキモイ芋虫オヤジの幸せ家族計画なんかに打ち負かされるわけがない!

っていう感じの、すっげーイイ!

書き方っていうか、言い回しっていうんですかね。半端無いの。全体的に。

f:id:yunfao:20171024004558j:plain

『眩い光が宙に煌き、・・・象牙のように気高く、

 何者にも汚されぬ強さを示す純白の力強い駒が盤上に降臨する』

ってスゴくね!

このノリが竜騎士07のテイストなんでしょうか?

実は俺は竜騎士07のゲームをちゃんとプレイした事が無いので知らないんだけど、この感じが彼の味だっていうんなら、俺はかなり好きだな。

 

まとめ

すばらしい。

まぁ・・・

お母さんと違って自我をかなり強く保ってたハズの美濃部先輩が、田中のおじさまの言いなりになりかけてしまったんだろう、とか。

深く考え出すとちょっと気になる点は出てくるんだけれども。

そのへんは適当に解釈しとけばいいかなー。

飲み物に何か盛られたかな。

 

そんなことより、ラストシーンで語られる美濃部先輩の将来の夢が崇高すぎて胸を打たれた。

眩し過ぎて俺が消滅しそうになるレベル。

f:id:yunfao:20171024004614j:plain

先輩「オイラたちを社会的に守ってきてくれた人たちを、

   今度は守ることの出来る仕事に就きたい」

 

ズバリ、福祉系。

家庭的、社会的な事で散々苦労してきた美濃部先輩がそれを言うとか・・・。

本当に素敵な人だと思う。

 

途中はセチュ&田中のせいでゲロ込み上げてくるのを我慢しながらプレイしてたけど、中盤~締めくくりまでの流れが良すぎて、総合的にはかなり好きなシナリオになった。

 

次は・・・、やっぱ莉里杏ちゃんかな!

 

祝姫 -祀-

祝姫 -祀-

 
祝姫【通常版】

祝姫【通常版】

 
祝姫 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

祝姫 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

  • 作者: 竜騎士07,株式会社DMM.comラボ,タナカトモ,和遥キナ
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2016/01/29
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る